2018年07月23日

中標津は爽やかな夏です

DSCF4885.JPG

爽やかな空気と青空、ようやく北国中標津の夏がやってきました。ただし気温17度、本州の猛暑にはほど遠い夏です。できることなら、冷気をお見舞いにしたいです。庭にはホタルブクロ、ヤナギラン、フウロが咲き秋に向かって賑やかになりそうです。
posted by kubo at 11:25| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

酪農大国中標津の夏の風物詩

DSCF4874.JPG

雨と低温続きだった7月も半ば近くに、ようやく明るい陽がわずかですが射してくれました。酪農家にとっては貴重な一日です。明日は晴れるという怪しげな天気予報にかけて、昨晩から草刈りを始めました。広い牧場を端から端まで刈りそれを牛舎まで運びます。晴れの日が続けば乾燥させてからロールにし、ビニールで包み仕上がりです。牛の世話だけでもたいへんなのに、なくてはならない牛の主食作りも、お天道様をたよりにしなくてはならない仕事。いきものが好きでないとできないしごとです。牛乳離れの昨今ですが、みなさん大いに飲みましょう。骨粗しょう症にならないためにも。
posted by kubo at 23:37| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

中標津は冷夏?


DSCF4871.JPG


低温続きの7月です。昨日は最高気温17°最低気温10°これでも夏なのです。庭に咲く利尻ひなげしは一時ガに卵を産み付けられ、枯れるところでした。慌ててひとつひとつ取り除いたら、元気を取り戻し再び咲いてくれました。ガも必死で子孫を残したかったのに、、、今年の冷夏は間違いないでしょう。
posted by kubo at 23:05| Comment(0) | 日記