2019年10月25日

冬の使者オオハクチョウが我が家の上空を飛んで行きました。



DSCN0038[1].JPG


今年の1月26日に久保敬親が静かに旅立ち、9か月の月日が過ぎました。季節は廻り、いつものように動物たちもそれぞれに冬を向かえる暮らしぶりのようです。雪が降るのも間近ですが、今年はどんな冬になるのかと思いを馳せています。バードウォッチングや写真撮影とこの道東は賑わいをみせるシーズンでもあり、その計画を立てている方もたくさんいらっしゃるでしょう。お近くにいらしたら野生圏にもぜひお立ち寄りください。コーヒーを淹れてお待ちしています。
posted by kubo at 23:11| Comment(1) | 日記

2019年09月25日

暑さ寒さも彼岸まで。今年も早10月になりました。

DSCN0015[1].JPG


9月も後4日で終わり、令和元年も残すところ3か月となりました。毎日が一変しめまぐるしく過ぎたこの9か月でした。今日は立て続けに襲来した台風が過ぎ去り、久しぶりの清々しい晴れ間に、気持ちも晴れ晴れし元気をもらいました。
秋に予定していた出版は、著者不在となり難航しておりましたが、ようやく詳細が決まったところです。遅くとも来年の3月までには実現することと思っております。昨年の半ばにハプニングが起きてしまい、お待ち戴いている方々には気を持たせるような結果になりましたことをお詫び申し上げます。
また、期日がわかりましたら再度ご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by kubo at 22:31| Comment(0) | 日記

2019年08月24日

お盆が過ぎて、秋到来

DSCN0010[1].JPG


ハギ、シシウド、アキノキリンソウ、トリカブトが咲き、季節は秋へと移ろい始めた中標津です。
あの晴れた雪の日に、久保敬親がこの世界から旅立って八か月が過ぎました。以来、野生圏を訪れて敬親を語り、共に泣き、笑い、私を勇気づけてくださった方々、そして、インターネットでお参りしてくださる多くの方々に改めてお礼を申し上げます。生前お付き合いいただいた皆様から頂いたスナップ写真を見ておりますと、どの写真にも、和気あいあいとした雰囲気のなかにいる嬉しそうな敬親がおります。どれ程良い素敵な時間を過ごしていたかが一目でわかります。シャッターを押すことと同様に、この時間を大切にそして楽しみにしていたのかもしれません。皆様ほんとうにありがとうございました。
撮影でお近くにいらした折りはぜひお立ち寄りください。

住所  標津郡中標津町北中13-24    久保俊枝
posted by kubo at 23:02| Comment(0) | 日記