2016年07月15日

7月15日 曇りのち晴れ

DSCF4743.JPG

相変わらず気温が上がらない、少し肌寒いくらいの中標津の夏です。でも、季節は着々と進んでいて、生きものたちの様子も徐々に変化しています。鳥たちの巣立ちも完全に終え、めっきり姿を見せなくなりました。庭に咲く花々も咲いては枯れ、また次の花へとバトンタッチをしています。ヘビイチゴも赤い小さな実つけました。可憐なチシマフウロも咲き出しました。そんななか、カッコウが庭先に下り毛虫を捕まえて飛び立ちました。これほど近くでカッコウを見るとはビックリ!些細なことですが、いろいろな発見が日々あるものです。
posted by kubo at 14:02| Comment(0) | 日記

2016年07月08日

今日は七夕、束の間の晴れ間です。

DSCF4742.JPG


気温が上がらない夏ですが、牧草刈の日和でもあります。束の間の晴れ間を逃さず、牧場は大忙し。まず、草を刈り、一日そのままにして干します。翌日はそれを丸くロールにしてビニールで覆えば出来上がり。眺めるには、酪農地帯の夏の風物詩でよいものですが、牧場主にとっては、猫の手も借りたいほどの季節です。カラスやトビもそのことをしって、草を刈った後は、獲物を捜して上空をホバリングです。
posted by kubo at 10:59| Comment(0) | 日記