2017年01月23日

中標津に北海道らしき冬がやってきました。


DSCF4776.JPG


日本列島が冬将軍に見舞われました。昨日の夕方から降り出した雪は、今もなお降り続いています。車もスッポリ雪に隠れ、まさに白銀の世界です。アカゲラやハシブトガラなどカラ類たちは、あっち飛びこっち飛びなにやら大慌て?。キツネやエゾリス、エゾシカはどこでどんなふうに過ごしているものやら、、、。風も吹いているので正確な積雪量はわかりませんが、少なくとも50〜60センチは積もっているでしょう。果たして降りやんだ後、動物たちの行動がどうなるかわくわくしての天気待ちです。
posted by kubo at 10:58| Comment(1) | 日記

2017年01月20日

1月20日 穏やかな中標津の冬の一日です。


DSCF4773.JPG

昨夜にうっすらと雪が降りました。朝起きて庭を見ると、いつものように右、左、斜めにと無数に動物の足跡ついている。今日は珍しく、細いしっぽがくっきりしたネズミらしき足跡があった。食べ物探しか、キツネやイイズナに追われてきたのだろうか。あれこれ想像してみると楽しくなる。とはいえ、悲しいかなカメラを持ち出しシャッターを押すべく体が動いている。










posted by kubo at 16:07| Comment(0) | 日記

2017年01月13日

日本一寒い町 中標津


DSCF4771.JPG



昨日から大寒波襲来、中標津空港は−26,3°C。息をするとむせるようなこの寒さは、まさに経験したことのない寒さです。それでも風がなく雪も降らなかったので助かりました。朝起きてみると窓という窓は、すべて凍りつき、車のエンジンは当然かかりません。幸いに快晴なので、太陽の恵みに救われ寒さから解放されました。小鳥たちもさすがこの寒さに堪えたらしく、いつもよりだいぶ遅くにやってきました。それでも、雪の上にはキツネや、リスの足跡が無数にあり、動物たちの逞しさに驚くばかりです。明日明後日とまだ寒気が居座るそうで、外出は控えることにしよう。


1月20日21日の中標津モニターツアーはお陰様で定員になり締め切らせていただきました。
たくさんの方々のご応募ありがとうございました。
また、「ニュートン」2月号を大勢の方にご笑覧いただきありがとうございます。重ねてお礼申し上げます。
posted by kubo at 23:23| Comment(0) | 日記